コラム&エッセイ

2017.11.21

社会人1年目、ポルシェを買う。

[編集部より]

こんばんは。ご沙汰しております。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。いよいよ笹本編集長の930 SCを、たっぷりと乗るときが来ました。「マズイなぁ、知ってしまったなぁ」というのが本音なのです。

第55話:あなたのポルシェに乗せてください!(笹本編集長の930 SC編)

今回は4ページ(!)構成です。本文の下の「next page」を押して、つぎのページへ進んでください。

 

photo:@masamaxy

もくじ

いよいよ930に乗る日がきた
くり抜かれた岩の中にいるみたい
どうやら視界がぼんやりと
「伊豆スカ」でリベンジ
まるで違う930と996の動き

いよいよ930に乗る日がきた

笹本編集長の930を借りることが決まり、
実際に借りるときが来るまでしばらくかかった。
東京は40年ぶりの長雨だったのだそうだ。

そしていよいよ930と996をしばらく交換する日。
いろんな想像をしたり不安な気持ちになったりで
実際のところ前日はほとんどうまく眠れなかった。

996の暖気を済ませて編集長のガレージに向かうと、
表の扉が開いていた。なかに真っ白な930が見えた。

「俺もしばらくのってないからさぁ。
 エンジン、かかるといいけどなぁ…」
ボソリと笹本編集長は言う。

笹本さん! 意地悪いわないでください!

キーを捻ると、ほら! すぐに目覚めた。

ヒュン、ヒュンーン、
ジャラジャラジャラジャラ……。
何度か回転が上下したあとに聞こえてくる
このアイドリングの音だけでも大満足。
ガレージの外にするりとでてくると、
より一層白いボディが輝いて見えた。

「じゃな」

え!

あっという間に笹本編集長は、
ガレージのなかに入っていった。

完全にひとりきりになった。
案の定、発進でエンストしてしまった。
本当はアクセルを煽ることなくクラッチ操作だけで
スッと前にでればいい(らしい)のだが、
ビビってちょっとアクセルを煽ってしまう。

煽ったら回転は一瞬のうちに跳ね上がり、
気がついたら、ストンと落ちきっている。
そんな短い間に慣れないミートなどできない。

幸運なことにそこは坂道だったので、
するするとニュートラルのまま進みながら
じわりとクラッチを離して何とか発進できた。

そこからポルシェ仲間のI君をはじめとする
いつものメンバーに見てもらうことにした。

next pageくり抜かれた岩の中にいるみたい

すべての画像をみる

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。