コラム&エッセイ

2018.02.04

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

おじが997を買いました。装備も色も、シャカイチ号そっくり。これは乗らないわけにはいきません。というわけで、ドライブしてみました。

第58話:あなたのポルシェに乗せてください!(997 MT編)

もくじ

最近「997」が流行っている(気がする)
感じたポルシェ996と997の違い
「バネ感」に新しいと思った
硬派で安心 ポルシェの「揺り戻し」

最近「997」が流行っている(気がする)

この1年、身近なひとが立て続けにポルシェを買った。
皆、おなじポルシェを買ったのが話をおもしろくする。

おなじポルシェとは997。

まず、友人のお父さんが997の後期PDKを買った。
そのあと、べつの友人のお父さんも997の後期PDKを。
前者は白いボディにテラコッタのレザー。
後者も白いボディにたしかブラックの内装。
そのあと、とある会社のボスが前期カレラSのMTを。
そして僕のおじも前期カレラのMTを買ったのだった。

とにかく今、997が流行っている。と思う。
少なくとも、僕の周りにおいては。

996のオーナーとしては、
997がどんなクルマなのかが気になる。

以前、997後期のPDKに乗ったことを書いたけれど、
あちらはカレラS。それも助手席の試乗だったしね。

一方、おじが買ったのは、「素」のカレラ。それもMT。
どうやらオプションは、まったくの未選択。
そして初期型、2005年式。

どこかで聞いたことがあるかと思ったら、
僕の996もおなじ仕様。めずらしいなあ。

よくもそんな個体を見つけてきたことに感心しつつ、
休みの里帰りでやる最優先事項として
まずは997のキーを快く貸してもらうことにした。
いつもより個数多目の「東京バナナ」を持って。

next page感じたポルシェ996と997の違い

すべての画像をみる

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ