まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

2019.08.01

アストン夏のツーリングへ参加 スポーツマフラー装着 ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

純正スポーツマフラーへの交換

世界的に、交換の需要が多く、なかなか順番が回ってこなかったスポーツマフラーが、発注してから3か月でようやく到着したので、早速、木場のアストン東京の工場に持ち込み、オリジナルマフラーからの交換を行った。

写真でも判るように、マフラー本体のサイズはほぼ同じで、エンドパイプのみが片側2本ずつ、計4本となる。それに伴い、エンドパイプのカバーも交換となる。

マフラーそのものは、ほぼ同サイズなので、何か改造するようなことは一切ないが、作業としては、リアのバンパー部分を外し、更には、アンダーカバーなども外すという、結構手間のかかる行程であった。

今回は若手のメカニックが2人で取りかかり、ほぼ1日で、調整まで全て済ませたが、その手際の良さは見事であった。

さて、スポーツマフラーの実力はどうかというと、まだ、全開では試してないが、ほぼ、予想通りの結果となった。

通常のスポーツモードでは、ほぼ、オリジナルのマフラーと変わらず、音質だけがやや低音で響くだけだが、スポーツ+、更には、トラックモードに変えると、いきなり、音量は増大し、弾けるような鋭い排気音となる。

その迫力は、思わず、周囲の人が振り返るほどで、サーキットでは、おそらくとても良いフィーリングであろうと感じた。

4本出しのマフラーエンドの姿も迫力があり、大いに満足した。ヴァンテージのオーナーの方にはお勧めである。

AUTOCAR JAPAN 編集長 笹本健次

1949年生まれ。趣味の出版社として知られるネコ・パブリッシングのファウンダー。2011年9月よりAUTOCAR JAPANの編集長を務め、2012年1月よりWeb版AUTOCARの編集長も兼務する。出版業界での長期にわたる豊富な経験を持ち、得意とする分野も自動車のみならず鉄道、モーターサイクルなど多岐にわたる。フェラーリ、ポルシェのファナティックとしても有名。