クルマ漬けの毎日から

2020.06.02

サマリー

誕生50周年を迎えた「シトロエンGS」。独特の空力ボディとハイドロニューマティックサスペンションを備えた個性あふれるこのクルマを、私たちが路上で見る可能性は、残念ながらゼロに近いようです。その原因は、錆です。

【クロプリー編集長コラム】シトロエンGSよ、永遠に 誕生50周年に想う

もくじ

50年前の経営陣へ 私の憤り
時代の象徴 GS

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

50年前の経営陣へ 私の憤り

仕事柄、自動車会社のトップの人たちにインタビューをすることがある。

今年のはじめ、その手の取材を終えて帰宅した時、カミさんが私にこう言った。「今日は、いつものあの決まり文句は言わないでね。『インタビューした○○さんは、本当にいい人だった』っていうあのひと言は」

1970年に誕生したシトロエンGS。デビュー当時は1015ccのフラット4を搭載。

カミさんは、私は業界のリーダーたちに甘いと思っているのだ。実際、そうかもしれない。

しかし昨日、姉妹誌の『CLASSIC&SPORTS CAR』に掲載するシトロエンGSの原稿を書いていた時、1970年代と80年代のシトロエンの経営陣に対して、私は強い憤りを感じた。

時代の象徴 GS

いったいなぜ、シトロエンはこの宝石のように美しいGSを、“錆びやすい鉄板”で製造してしまったのか?

かつての経営陣が錆問題を克服できなかったために、いまやGSは、事実上この世から消えてしまったのだ。

GSの50周年となる今年、「シトロエン・ヘリテージ」チームとフランスの著名インテリア・デザイナー「トリスタン・アウエル」がレストモッドを手掛け、話題になった。Credit photo Amaury Laparra

シトロエンGSと同時代に、イギリスのメーカーが誕生させたいくつかのユニークなモデルについても、同じことがいえる。

GSのように手頃な価格でありながら、傑出した個性を持つクルマは、その時代を象徴する優れたモデルとして、本来ならば今なお存在しているべきである。

だが現実には、その姿を見かけることはない。実に残念だ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事