クルマ漬けの毎日から

2020.09.22

サマリー

導入が待ち望まれるEVハイパーカーのロータス・エヴァイヤ。ウィリアムズ・アドバンスト・エンジニアリング(WAE)との技術提携により開発が進められてきました。しかし今、ロータスとWAEの関係が悪化しています。

【クロプリー編集長コラム】ロータス・エヴァイヤに暗雲漂う ロータスとウィリアムズAEの不和

もくじ

発端 技術提携の解消
法廷で争っても 勝者なし

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

発端 技術提携の解消

衝撃的なニュースが流れた。

ロータス・エヴァイヤのメカニカルコンポーネントのエンジニアリングを担当しているウィリアムズ・アドバンスト・エンジニアリング(WAE)が、不払いを理由にロータスを訴えるというのだ。

この一件は、ロータスがWAEとの技術提携を解消したことに端を発している。本来ならば、両社の技術提携はまだ何か月も続くはずであった。

ロータスは、WAEの開発作業はあまりにも時間がかかりすぎていたと認識している。そのため今後は、エヴァイヤのプロジェクトをイギリス中部のウォーリックに新設するアドバンスト・テクニカルセンターで実行し、完成させる予定だ。

ロータスはこの技術センターで働くエンジニアを急遽採用しており、その人数は現在300人にのぼるという。

法廷で争っても 勝者なし

今回の出来事は、ロータスのオーナーである中国のジーリーの評判に、少なからず悪影響を与えると思わざるを得ない。

ジーリーは、ボルボ、ロンドンタクシーを製造するLEVC、スマートといった欧州の自動車メーカーで新たなビジネスを力強く展開しており、これまでのところ素晴らしい成果をあげてきた。

もしロータスとWAEが法廷で争うことになれば、弁護士を除くすべての関係者が、悲劇に巻き込まれるだろう(おそらく、エヴァイヤ・プロジェクトのイメージダウンにもつながる)。

だが残念ながら、その方向へ進みそうだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事