クルマ漬けの毎日から

2020.12.30

【クロプリー編集長コラム】取材を通して見た「2020年」 前編

コロナ禍で迎えた春

ジュネーブショーが中止になった直後、ベントレーの人たちは、機知に富んだアイディアのもと、イギリス国内をベントレーで走る約1200kmの旅を企画した。

最終目的地はベントレーの本拠地クルーだ。

ジュネーブショーが開幕直前に中止。ベントレーは、イギリス国内の長距離ドライブの旅を急遽企画した。

ショーに展示されるはずだった車両は、この企画のために即刻ジュネーブからクルーに戻されたので、私たち参加者は、ショーのモデルを取材することができた。

長距離ドライブの旅の途中で、イングランド北西部のカーライル空港にも立ち寄った。ベントレーの人たちのおかげで、空港を貸し切り状態にしてもらえたので、私たち取材陣は、時速約240kmでの超高速試乗も経験できた。

3月 バサーストの優勝カップ

この旅の終着点クルーへ行く前に、ベントレーのモータースポーツの本拠地にも立ち寄った。それは、マルコム・ウィルソンが指揮するMスポーツ社で、湖水地方のコッカマス(イングランド北西部)にある。

ベントレーのレーシングカー、GT3はここで生み出された。

この時、GT3はオーストラリアのマウント・パノラマで開催されたバサースト12時間レースで優勝したばかりだったので、私はそのトロフィーを持たせてもらった。

故郷はオーストラリアなので、バサーストにはこれまで何度も訪れている。なんだか懐かしい気持ちになった。

4月 新型フライングスパー

今年ほとんど活動できなかった月があるとしたら、それは4月だ。ロックダウンという状況下で生活していたからだ。

私はこの素晴らしいベントレー・フライングスパーを返却できないまま、コッツウォルズの自宅でお預かりしていた。だが、ただ座ってクルマをながめることしかできなかった。

この写真と一緒にそのことをSNSに投稿したところ、大勢の人から反応をいただいた。皆同じ心境だったようだ。

外出制限が緩和された時、幸いにも、返却前にこのベントレーをそれなりに走らせることができた。

5月 マツダMX-5(ロードスター)

30年間同じ家に住んでいながら、私たち一家は門柱の位置を正確に把握できていなかった。

マツダMX-5を門柱に軽くぶつけ、結果はこの通り(幸運にも、パネルにはダメージなし)。250ポンドの出費となったが、元通りになった。

6月 国立自動車博物館

ハンプシャーのビューリーにあるナショナル・モーター・ミュージアムは、来訪者にガーデンを開放した(感染症対策の規制により、この時期ミュージアムの中に入ることは禁止)。

ナショナル・モーター・ミュージアムのガレージ。6月のこの時期、ミュージアム内には入場できなかった。
ナショナル・モーター・ミュージアムの玄関前。

外のガレージと前庭には、何とも魅力的なクルマが並び展示されていたので、クルマが好きな人たちには、屋外ミュージアムのような理想的なスペースとなった。

外出して目的地へ向かうことが、これほど素晴らしいと感じるとは、実に驚きだった。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

シトロエンの人気画像