クルマ漬けの毎日から

2020.12.30

クロプリー編集長の目を通して見た、この1年のハイライトをお届けします。2020年は異例の年となりましたが、すべてが異例だったわけではないと、クロプリー編集長は語っています。まずは6月までを振り返ります。

【クロプリー編集長コラム】取材を通して見た「2020年」 前編

もくじ

2020年 すべてが「異例」ではなかった
コロナ禍で迎えた春

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

2020年 すべてが「異例」ではなかった

「異例の年」という言葉を、今年は何度も聞いてきた。皆さんはもうこの言葉を聞き飽きているのではないだろうか?

私はうんざりしている。それに、自分のスマートフォンの中身を見てこの1年を振り返ってみると、すべてが「異例の年」だったとは言い切れない。

3月下旬にロックダウンとなったイギリス。外出制限が緩和された後、自動車業界では6月頃から発表会などのイベントが、少しずつ慎重に再開した。

たしかに2020年は、イギリスのAUTOCAR編集部も、例年とはまったく異なる状況となった。

だが、何としてもAUTOCAR(英国で刊行されている週刊誌)を出版し、またウェブサイトを常に更新するという信念のもと、われわれは多忙な毎日を送り、しかも、その多くの仕事を楽しく行なうことができた。

このように活動できたのは、自動車業界で働く機知に富む人々が情報の発信を続け、インタビューの場を設け、例年とほぼ同じように試乗車を提供してくれたおかげである。ここに私の目を通して見た、2020年のハイライトをお届けしたい。

1月 ベントレー・ミュルザンヌ

2019年のクリスマス休暇から年始にかけて、このベントレー・ミュルザンヌに乗って過ごした(クリスマスにちなんで、「ベツレヘムの星」とミュルザンヌを一緒に撮ろうとしたら、このような写真になってしまった)。

この時点でミュルザンヌの生産は、残すところあと数か月に迫っていた。

まさに特別で、伝統的スタイルのベントレー・ミュルザンヌ。運転してみて、やはり素晴らしいクルマだと実感した。

最新のフライングスパーのほうが、ほぼどの評価項目でも優れているという見方は、たとえそれが正しいとしても、思いやりにかけるというものだろう。

1月 新型ディフェンダー

ランドローバーのデザイン責任者、ジェリー・マクガバンは、(本人に聞いてみたわけではないが)ほぼ間違いなく、彼の輝かしい実績の頂点となる仕事をやり遂げた。

ロンドンのデザイン・ミュージアムというデザインの殿堂で、新型ディフェンダーを発表したのだ。

ディフェンダーのことをよく知る人たちからすれば、後継モデルは誕生しなくてもよいのではないかと、大いに懸念されていた。しかし、新型はあらゆる方面の人々から絶賛された。

2月 シトロエン・ベルランゴ

このまばゆいばかりの新車、シトロエン・ベルランゴ(1.2Lガソリン・ターボ/AT仕様)を借りた。

そして、すぐにリサイクルセンターへ不用品を持って出かけた。

我が家で17年間所有している古いベルランゴは長年ここへ通い、いかに役に立つクルマであるかを証明してきたからだ。決して悪気があって、新車のベルランゴでゴミの集積所へ行ったのではない。

ところで、新型ベルランゴの乗り心地は、レクサスに匹敵する(レクサスのほうがわずかに優っているが)。

リクライニングできるほどのゆとりはないものの、大人7人が十分なスペースで快適に座ることができる。

さらにその状態で、高速道路を効率の良い巡航スピードで走ることも可能だ。ベルランゴの存在はあまり知られていないかもしれないが、まさに秘密兵器にほかならない。

2月 フォード・レンジャー・ラプター

フォード・レンジャー・ラプターが登場した時、私はちょっとした興奮状態に陥った。短距離の試乗をしたところ、この性能の高いピックアップは、ステアリングフィールも、操縦性も、乗り心地も、すべて世間で思われているよりも優秀だとわかったからだ。

ほんのつかの間ではあったが、ラプターを手に入れようと本気で考えた。

だがすぐに、高さ制限と全長からすると、日常生活が容易ではなくなるだろうと思った。それに値段も高いし、エンジンはディーゼルだ。

ハイブリッドのV6のほうが私の好みだ(フォードには、このエンジンがある)。もしくは、この時代に大きな声では言えないが、V8のほうが好きだ。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。