海外試乗

2015.02.05

アウディTTロードスター2.0TFSI Sトロニック

テスト日 : 2015年02月04日

価格 : £33,000(588万円)

■どんなクルマ?

いよいよテストと相成ったTTのロードスター。このモデルからは時速50km/hまでならば走行中でも幌の開閉が可能となり、幌が開くまでに要する時間はわずか10秒で済むのだそうだ。

オープン・モデルになったからといってクーペの楽しさに劣らないのは、ボディ内側やAピラーの根本にアルミニウム製のストラットを多用するから。

アルミニウムや熱間鍛造スチールを多用することで、すでにかなり軽く強靭だったTTクーペからは、わずか90kgアップに抑えられたこともTTロードスターの秀でた点だ。

テスト車両が載せる2.0ℓ TFSIユニットは、全グレードのなかでもっとも多い売上が予想される。組み合わされるトランスミッションは6速のデュアル-クラッチSトロニック・ギアボックス。駆動方式は4WDとなる。

この組み合わせが英国でオーダーできるようになるのは3月。2.0ℓ TDIウルトラやTTSを含む全てのモデルのデリバリーが開始されるのは、その後の5月からを予定しているのだそうだ。

■どんな感じ?

もっとも驚くべきは、クーペの動力性能がほとんど衰えていない点。かなり酷い路面ならば確かに微振動は看守できるけれど、ごく一般的な路面を走るぶんには、コンバーチブルになったからといって我慢を強いられることは全くない。

軽い仕立ての可変レシオ・ステアリングのおかげで、自分の向けたい方向に簡単に、かつ正確に鼻先を向けることができる。なかなかクルマが進まないような市街地でも、苛立ちを覚えることなく操舵することが可能だ。

演出はやや過剰な気もしなくはないが、それよりも恩恵を受けることのほうが多く、前輪がどのように傾いているのか、また ’お楽しみ’ のためのグリップ量も手に取るように把握できる。

 
最新試乗記