カーレビュー

2018.03.11

コンパクトSUV、何を買うべき?(4) 決勝ラウンド 後編

アウディQ3/BMW X1/DS7/フォード・クーガ/マツダCX-5/VWティグアン/ボルボXC40

テスト日 : 2018年02月28日

文・マット・ソーンダース 

編集部より

スペースや快適性で、一歩遅れを取ったBMWと、他の2台に差をつけたボルボ、それに追いすがるマツダ。次なる試乗で、この状況は変わるのでしょうか。コンパクトSUV選手権2018、いよいよ決着のときです。

もくじ

決勝・前編
ひとことでいえば「いいヤツ」なCX-5
SUVらしい「無敵感」満点のXC40
ホットなハンドリングのX1
スカンジナビアンの快適性は秀逸
決勝・後編
プレミアム勢に劣らぬマツダのクオリティ
エンジンパワーは力関係を変えるか
三者三様の乗り味
勝因は目的に見合った仕上がり

プレミアム勢に劣らぬマツダのクオリティ

これが後席と荷室の広さになると、マツダ(写真左)がボルボを打ち負かす。一方でBMW(写真右)は、一般的なファミリーハッチにも、スペースでは敵わないように思える。X1のインテリアは、他の2台より狭く感じられ、前後の席感も思うより近い。

疑いの余地なく、大型SUV並みの広さと快適さを求めるなら、XC40が一番だ。マテリアルのリッチさやクオリティ、技術的な洗練性、豪華さといった面でも、XC40が抜きんでている。この分野ではプレミアムブランド同士、つまりはミュンヘンとイェーテボリの一騎打ちを予想するだろうが、広島代表も善戦をみせる。CX-5のインテリアトリムは頑丈で、コラムレバーやウインドウスイッチ、ヒーターの操作スイッチなどの手応えはX1と同等。レザーの柔らかさやステッチの丁寧さ、上質な装飾のタッチも、BMWに引けを取らない。

ただし、インフォテイメント系の機能では、プレミアムブランド2台が優位だ。ボルボとBMWに備わる車内Wi-Fiやスマートフォンのミラーリング機能が、マツダにはない。とはいえ、それを差し引いても、X1よりCX-5に乗って時を過ごしたいと思うはずだ。相手がボルボとなると、また事情は違ってくるが。

next pageエンジンパワーは力関係を変えるか

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ