国内試乗

2018.07.09

新型トヨタ・クラウン試乗 TNGAの走り、公道で評価 ハイブリッド/ターボ

トヨタ・クラウンG/Gエグゼクティブ/RSアドバンス

テスト日 : 2018年7月4日

価格 : 562万1400円/718万7400円/559万4400円

文・川島茂夫 撮影・前田惠介/花村英典 

編集部より

新型トヨタ・クラウン(量産仕様)の試乗記です。ハイブリッドの2.5ℓ/3.5ℓ車と、2.0ℓターボ車を日本の公道で試しました。走りのポテンシャルは、「同クラスの輸入車を捉える」とレポートされています。写真80枚!

もくじ

どんなクルマ?
トヨタの今後が分かる1台
車体寸法 従来のマジェスタ寄り

どんな感じ?
好印象だった点 公道試乗へ
クラウンの美点 静粛性は?
ハイブリッド/ターボ 公道の走りは?

「買い」か?
新型クラウン その評価は……
対ミニバン、対欧州プレミアム

スペック
新型クラウン 試乗車スペック

どんなクルマ?

トヨタの今後が分かる1台

新型クラウンには同時デビューとなったカローラ・スポーツと類似点が多い。分かりやすい部分ではスポーティなキャラ設定や車載ITの「コネクティッドカー」機能が挙げられるが、スペックには現れないファントゥドライブも含めた走りの志向についてもよく似ている。

クラウンとカローラという伝統的なトヨタ定番車で新型車の嗜好と志向が類似しているのは、それがトヨタの次世代標準そのものと見るべきだろう。

具体的には設計や部品の効率化も含むコスパ改善を主とする設計手法「TNGA」を用いた新しいハードウェアが新型車の注目点であり、同時にゼロ・クラウン以来の大変革となるかが興味の中心だ。
 

next page車体寸法 従来のマジェスタ寄り

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ