海外試乗

2018.10.15

英国の視点 新型スバル・フォレスター試乗 高い走破性、実用性も良好

スバル・フォレスター

編集部より

新型フォレスターは先代からステアリングや安全性、実用性が大きく向上しました。他の多くの「ソフトローダー」SUVのライバルたちを引き離すオフロード性能を持っています。実用性や汎用性を求める向きに最適な選択肢との評価を得ました。

もくじ

どんなクルマ?
ステアリングや安全性、使い勝手が向上

どんな感じ?
実用性重視 他とは違う魅力
乏しいステアリングフィール CVTを改良

「買い」か?
硬派で実用的なSUV

スペック
スバル・フォレスターのスペック

どんなクルマ?

ステアリングや安全性、使い勝手が向上

スバルが1997年に初代フォレスターを発売すると、スバルはすぐにクロスオーバーのパイオニアとなった。そして20年以上が経った今、北米市場では一定の地位を築き、5代目フォレスターは急速に成長する熾烈な「コンパクト」SUVセグメントに参入した。

新型フォレスターは、2017年にインプレッサで初めて導入されたスバルグローバルプラットフォームを使用した最新モデルである。スバルによると、アーキテクチャが強化されたことで、ステアリングの正確性や乗り心地、乗員の安全性やトランクルームの使い勝手が改善された。

伝統のボクスターエンジンやフルタイム四輪駆動システムは継承されている。さらに、スバル・アイサイトがアップデートを受ける一方で、ドライバーフォーカスと呼ばれる赤外線を使ったドライバーモニタリングシステムが新たに搭載されている。

新しいフォレスターは英国では、今年末あたりでモデルチェンジを迎える予定だ。米国やカナダでは新型の直噴2.5ℓ4気筒エンジンに改良版のCVTが組み合わされ、英国でもギアボックスは同一だが、搭載されるエンジンについてはまだ判明していない。

next page実用性重視 他とは違う魅力

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ