試乗 新型スズキ・ジムニー(JB64)、ONとOFFの走りは? シエラ(JB74)と乗り比べ

2018.12.29

100字サマリー

新型スズキ・ジムニーの試乗記です。公道とオフロードをテスト。ジムニーシエラもあわせて評価します。48年間愛され続けるミニマム本格オフローダー。約100枚の画像とともにご覧ください。

もくじ

どんなクルマ?
使い勝手抜群 本格オフローダー
原点回帰 デザイン・機能美

どんな感じ?
シエラ 高剛性/高い操縦安定性
新開発1.5ℓエンジン 実力は?
ジムニー 荒地も街乗りも満足
高まった接地感/走破性

「買い」か?
試乗してからの購入がオススメ

スペック
スズキ・ジムニーXC/ジムニーシエラJCのスペック

どんなクルマ?

使い勝手抜群 本格オフローダー

20年ぶりのフルモデルチェンジだから注目度が高いだろうことは予想されたが、まさかここまで人気が爆発するとは。林業を始めとするプロの道具、あるいは山岳地帯での生活の足やレジャーのお供として愛され続けて48年。ジムニー/ジムニーシエラはミニマムな本格オフローダーとして唯一無二の存在であり、日本の自動車産業全体にとっても誉れの一つといえる。

山菜やきのこを求めて山奥へ分け入って行くのを趣味とする知人は、メルセデス・ベンツGクラスとジムニーを所有するが、山での稼働率が高いのは圧倒的に後者。

汚れや小傷を気にして高級車を温存しているわけではなく、獣道に毛が生えた程度の狭い道でもガシガシ入っていけるコンパクトなサイズと、軽量ゆえに泥濘地や砂地でもスタックしにくい機能が頼もしいからだという。さっそく新型もオーダーを入れたが、1年待ちと聞いても文句も言わずに首を長くして楽しみにしているらしい。

 
最新試乗記