海外試乗

2019.05.29

ウルスの最高速を超えたベントレー 「ベンテイガ・スピード」 大谷達也が英で試乗

ベントレー・ベンテイガ・スピード

文・大谷達也 

編集部より

ベントレー・ベンテイガ・スピードに大谷達也が試乗しました。場所はサーキット。標準のベンテイガとの変更点をまとめ、ベントレー・モード/スポーツ・モードを試します。

もくじ

アンダーステイトメント
「Bモード」でサーキット試乗
スポーツ・モードに切り替えて
ベンテイガ・スピードは「買い」?
ベントレー・ベンテイガ・スピードのスペック

アンダーステイトメント

外観上の違いは前後のスポイラーとホイールのデザイン程度。あとはボディ・サイドに貼られた小さなバッジくらいで、スタンダードなベンテイガとの差は決して大きくない。

ただし、ベンテイガ・スピードの真価はエクステリアよりもその中身にある。

なにしろ最高速度は306km/hをマーク。ランボルギーニ・ウルスの305km/hを辛くも破って「世界最速SUV」の座を取り戻したのである。

その原動力となったのが608psから635psへと最高出力が引き上げられたW12 6.0ツインターボ・エンジン。その基本はスタンダードなベンテイガと同じだが、過給圧と燃料噴射のマッピング見直しにより+27psのパワーアップに成功した。

なお、最大トルクに変更はないものの、従来よりも低い回転数から91.8kg-mを発揮するようになった。

足回りはタイヤサイズを含めてスタンダードなベンテイガと共通だが、注目されるのはスポーツ・モードのセッティング変更。48Vシステムを使ったアクティブ・ロール・コントロールのダイナミック・ロール・システムと電子制御式サスペンションの設定を見直すことで、従来よりもロール量を少なく、そしてダンピングレートを高めてこれまで以上にスポーティな走りに対応したという。

試乗会の会場はイギリス・北ウェールズのアングルシィ・サーキットで一般公道での走行はなし。ただし、「これは相当、走りに自信があるな?」と思うのは勘違いで、ベンテイガ・スピードはあくまでも公道走行をメインに据えたモデルである。

 
最新試乗記