試乗記

2019.09.09

字幕付き動画 ホンダ・シビック・タイプR vs VWゴルフR 刺激か万能性か

ホンダ・シビック・タイプR / フォルクスワーゲン・ゴルフR

編集部より

今回はFF最速ホットハッチであるシビック・タイプRを、オールラウンドなホットハッチの代表であるフォルクスワーゲン・ゴルフRと競わせました。シビックの方が走りの刺激では勝りますが、クルマのトータルな出来栄えではゴルフの勝ちと言えそうです。

もくじ

刺激的なFF最速ホットハッチ
大人しいがオールラウンドなゴルフR

刺激的なFF最速ホットハッチ

今回取り上げるのはフォルクスワーゲン・ゴルフRと、シビック・タイプRというホットハッチを代表する2台だ。ゴルフRはオールラウンドな4WDホットハッチであり、シビック・タイプRは最速のFFホットハッチだ。

まずはシビックに試乗しよう。このクルマはベースモデルと並行して開発され、独立懸架のリアサスペンションが採用されるなどパワフルなホッチハッチ化を前提に設計されている。4WD化していないことによる欠点は見当たらない。

非常に俊敏な走りに加え、先代にはなかったコンフォートモードの追加により、乗り心地も快適だ。2Lの4気筒ターボを搭載し、その最高出力は320psを発生する。素晴らしいパフォーマンスではあるが、若干のラグも感じられる。だがタイプRらしくギアボックスは素晴らしい出来栄えだ。

このクルマの良さのひとつは、大きな欠点や慣れが必要なクセがないことだろう。非常に直感的で、初めて乗ったとしてもうまく乗りこなせるだろう。鋭いシャシーだが良くしつけられており、とても刺激的なドライブが可能だ。

一方で欠点を挙げるとすれば、そのルックスだ。ホンダのエンジニアによれば、スクープもスカートもスポイラーも無意味なものはなく、すべてが何らかの役に立っているという。しかし攻撃的すぎるルックスは決して美しいとはいえない。

キャビンについていえば、ドライビングポジションは良く、パフォーマンスカーに求められるものは概ね満たしている。しかしインフォテインメントシステムやナビゲーションは他に類を見ないほどに酷いものだ。

 
最新試乗記