【人気のボルボにPHEV版登場】ボルボXC40 リチャージに試乗 良いモノを更に良く

2020.02.16

サマリー

既に優れた人気を各国で得ているボルボXC40。今回プラグイン・ハイブリッド版が登場したことで、その人気はさらに高まりそうです。英国編集部が、スウェーデンのボルボ社内テストコースで、短時間ながら試乗しました。

もくじ

1.5Lガソリンターボとツインモーター
すでに洗練されたXC40を引き上げた
理想的なクロスオーバー
ボルボXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5のスペック

1.5Lガソリンターボとツインモーター

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2018年に日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞し、各国でヒット作となったXC40。次のフェイズへと進むことになった。

今回試乗するのはボルボXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5。すべてのモデルラインナップに、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)を用意するという、ボルボの目標を達成する1台となる。

ボルボXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5(欧州仕様)
ボルボXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5(欧州仕様)

2019年に発表されたXC40の純EV版と同時に明らかとなった、「リチャージ」というサブブランド名が与えられる、初めてのモデルでもある。このリチャージという呼び名は、今後のボルボ製PHEVと純EV、ケーブルで充電できるすべてのモデルに用いられる。

通常のXC40と同様、基本骨格とするのはSPAアーキテクチャ。リアモーターが後輪を駆動し、3気筒1.5Lガソリン・ターボエンジンとフロントモーターが協働して、前輪を駆動する。前輪側には、7速デュアルクラッチATがタイヤとの間に入る。

このPHEV版XC40リチャージは、間もなく英国にも上陸予定。今回は、短時間ながらスウェーデン・ヨーテボリでの試乗機会が用意された。

フロントフェンダー横に配置された充電ポートを除き、通常のエンジンモデルのXC40との見分けはほとんどつかない。とても美しく賢くデザインされたSUVだから、これで問題ないのだろう。

インテリアも同様。XC40に共通する高い質感を備え、仕上がりも良い。リアハッチを開けて荷室を眺めても、PHEVだとは気づかないほど。一部のモデルと異なり、XC40の荷室容量は、通常のエンジンモデルと変わらないのだ。

 
最新試乗記