ニュース

2013.01.12

ルノー・キャプチャー

プジョー2008、日産ジュークのライバルとなるルノーの小さいクロスオーバーは、今年3月の発売となるだろう。そのモデルは、2011年のジュネーブ・モーターショーで発表されたコンセプト・カート同じキャプチャーというネーミングが与えられる。

そのルックスは、ルノー・クリオから引き継ぐが、フロントとサイドは大胆なデザインが与えられている。

このキャプチャーは、ルノー日産のFWD Bプラットフォームが使用される。これは、ルノー・クリオや日産ジュークなど多くのモデルで使用されているものだ。

長さは4120mmで、ジュークよりも15mm短い。

エンジンは、クリオから移植された89bhpの0.9リッター・ターボと、96g/kmという低いCO2排出量を誇る1.5リッターのディーゼル・ターボ・エンジンが搭載される。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ