[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

テスラ コンパクトハッチバックを投入へ VW IDがライバル

2018.08.14

100字サマリー

テスラは、2022年ごろをめどにフォルクスワーゲンIDのライバルとなる小型ハッチバックを投入するようです。現在のバッテリー製造コストの優位性をキープすることができれば、テスラ史上もっとも安価なEVとして高い競争力を持つクルマになるでしょう。

もくじ

5年以内にコンパクトハッチバックを
バッテリーのコストダウンで優位性保つ
中国での生産 フレックス回路も鍵
テスラのラインナップ拡大計画

5年以内にコンパクトハッチバックを

テスラのイーロン・マスクCEOは、コンパクトEVを「5年以内に」発売すると発表した。

同社は現在モデル3の生産問題を解消しきれていない。しかし、フォルクスワーゲンIDのライバルとなるこのクルマは、テスラが真のグローバルなメーカーとなるためのカギになるだろう。

このコンパクト・テスラは、新しい上海工場でモデルYとともに生産されると見られている。この新工場は年産50万台程度のキャパシティを持つとされる。

フォルクスワーゲンのIDは2020年に出荷が開始されるのに対し、テスラはコンパクトEVの市場にやや遅れて参入することになる。ただし、バッテリーを自社開発することによる低コストは大きなアドバンテージだ。

 
最新海外ニュース