海外初試乗

2018.08.09

テスラ・モデルS 75D 新たなエントリーグレードに試乗 他の追随ゆるさず

テスラ・モデルS 75D

編集部より

モデルSのラインナップが刷新され、新たに設定された75Dに試乗しました。AWDのおかげもありスポーツカー顔負けの加速を見せます。バッテリー容量が小さいため航続距離の短さが懸念されましたが、充実の充電設備網のおかげで問題ありません。

もくじ

どんなクルマ?
エントリーレベルの75Dが追加
上位グレードよりやや短い航続距離

どんな感じ?
モダンなルックス シンプルな操作
走りは良好 航続距離も問題なし

「買い」か?
EVでは最良の選択肢

スペック
テスラ・モデルS 75Dのスペック

どんなクルマ?

エントリーレベルの75Dが追加

2012年に発売されて以来、イーロン・マスク率いるテスラを世界のEVメーカーの代表に押し上げたモデルS。その英国でのラインナップが簡略化されたのに伴い、AWDの75Dが追加された。

英国では、その価格は6万4700ポンド(953万円)からと設定されている。このテストカーには数々のオプションが選択され、7万5950ポンド(1118万円)となっている。

装着されたオプションは1400ポンド(20万6000円)の19インチホイール、950ポンド(14万円)のシルバールーフ、3100ポンド(45万6000円)のエキゾチック・ホワイト・インテリア、4700ポンド(69万2000円)のプレミアム・アップグレードパッケージなどだ。

さらに、1万ポンド(147万円)程度のデポジットを用意すれば、3年間にわたって月々600ポンド(8万8000円)から700ポンド(10万3000円)でこのクルマを利用することができる。この制度はビジネスユーザーにもってこいだろう。

next page上位グレードよりやや短い航続距離

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ