ニュース

2018.12.19

新型メルセデス・ベンツCLA 風洞実験を実施へ 来年1月の公開に先駆けて

編集部より

メルセデス・ベンツは来年1月に開催されるCESにて発表される新型メルセデス・ベンツCLAの風洞実験を実施しました。新型CLAはエアロダイナミクスを重視する設計となっています。

2019年型CLA、風洞実験を実施

来年6月に英国上陸を果たす2019年型CLAは、一新されたAクラスなどに見られる刷新されたプラットフォームをベースに様々な新技術を装備する。

新しく開発された4気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンも搭載され、タッチディスプレイ付きインフォテインメントシステムのMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)も装備。シューティングブレークも2019年中にリリースされる見通しだ。

BMW 4シリーズ・グランクーペよりも全長が拡張された新型CLAは、先に発表されたAクラス・セダンとともに同ブランドのコンパクトカーファミリーに4ドアセダンとして加わる。

スペックなどはまだわかっていないが、少なくとも全長4549mmのAクラス・セダンよりも長くなることだけは伝えられている。

伸びた全長は主にホイールベースの拡張によるもの。大きくなったドアにより後部座席はより座りやすくなり、向上されたインテリアが持つ足元のスペースも広々としている。

AUTOCARは同社の風洞で行われた新型CLAとトライアスロンチャンピオンのヤン・フロデノをフィーチャーした撮影会で、新しいCLAを実際に体験した。

初代CLAは大きくカーブを描くルーフラインと短くされた後部によってクーペらしいシルエットとなっていた。

そしてわれわれが入手した新モデルの写真からは、テーパー型のフロントに新しくデザインされたヘッドライト、サイドビューは太いBピラーが目立つ6ライトウインドウでリアに掛けて膨らむボディがわかる。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ