ニュース

2019.03.05

実車 アルファ・ロメオ・レーシング特別仕様 ジュネーブに改良新型ジュリエッタも

編集部より

「アルファ・ロメオ・レーシング」を名乗るジュリア/ステルヴィオのクアドリフォリオが、ジュネーブショーの会場に現れました。現地から実車写真をお届けします。

ジュリア/ステルヴィオに設定

アルファ・ロメオは、ジュリア/ステルヴィオのクアドリフォリオについて、特別仕様車を設定し、ジュネーブ・モーターショーで発表した。

同ブランドの最新世代のフォーミュラ1を、あわせてブースに設置。アルファ・ロメオ・レーシングの名前が復活したことを祝した展示である。

2台のクアドリフォリオは、「アルファ・ロメオ・レーシング」の特別シリーズとして、限定台数のみが製造される。

スパルコのレーシングシートには、赤いステッチ、カーボン製シェルを採用。また、シフトノブ/ステアリングホイールには、カーボンファイバー製のインサートが施される。搭載する2.9ℓビターボV6に変更はない。

今回のモーターショーでは、トリムやエンジンの設定が見直された2019年モデルのアルファ・ロメオ・ジュリエッタも出展される。

スーパー、スペチアーレ、ヴェローチェという3種類のグレードが設定され、エンジンもユーロ6Dに適合した3種類のユニットから選べる。120psの1.4ℓガソリン・ターボ、120psの1.6ℓディーゼルはマニュアルとオートマティックから選択可能。170psの2.0ℓディーゼルはTCTオートマティックのみの設定となる。

 
最新海外ニュース