海外ニュース

2019.04.24

DBSスーパーレッジェーラ・ボランテ アストン マーティン史上最速のオープンGT新型

編集部より

アストン史上最速のオープン・モデルが登場しました。「DBSスーパーレッジェーラ・ボランテ」の価格情報、ルーフメカニズム、内装画像をご紹介します。

もくじ

フラッグシップGT オープン仕様に
2m離れても、オープン操作可
英国参考価格も発表

フラッグシップGT オープン仕様に

アストン マーティンは、新型コンバーチブル「DBSスーパーレッジェーラ・ボランテ」を発表した。アストンを象徴する3つの名称を組み合わせた新フラッグシップは、DBSスーパーレッジェーラの走りと、クラス最先端のオープントップ・テクノロジーを組み合わせたモデルだ。

エンジン:5.2ℓV12ツインターボ
最高出力:725ps/6500rpm
最大トルク:91.8kg-m/1800-5000rpm
最高速度:340km/h
0-100km/h加速:3.6秒
0-160km/h加速:6.7秒

クーペモデルのエアロダイナミクスを受け継ぎ、ボディ表面を流れるエアフローから最大の空力効果を得られるように設計。フロントでは、スプリッターとエアダムが協調して働き、アンダーフロアを通過するエアフローを加速して、大きなダウンフォースを生み出す。

それと同時に、フロントブレーキに十分な冷却エアを供給。新しいサイドストレーキは、フロントホイール・アーチからエアを排出してリフトを減少させ、高速安定性を高める効果がある。

フロントホイール後方には、「カーリキュー」と呼ばれるエレメントが配置され、エアを排出しながらボディサイドのエアフローを整流。一方でリアのダブル・ディフューザーは、エアの流れを妨げないように後方へと排出することで、可能な限り効率的にリフトを抑制した。

布製ルーフの詳しい情報も届いている。

next page2m離れても、オープン操作可

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ