次期ポルシェ911 GT3、新スピードスターの4.0ℓ自然吸気エンジン搭載?

2019.05.13

100字サマリー

ポルシェ992型をベースとする次期GT3のニュースです。新型911スピードスターは、現行GT3からエンジンを受け継ぎながらも、さらなる改良を適用。今度はその改良型エンジンが、新GT3に?

GT3 自然吸気に拘る

新型911スピードスターに搭載された4.0ℓ水平対向6気筒エンジンの改良型は、自然吸気エンジンに拘るポルシェのGT部門から将来登場するモデルに受け継がれるようだ。

ポルシェGT部門の責任者を務めるアンドレアス・プロイニンガーは次のように語った。「われわれは将来、このエンジンを採用します。今後のプロジェクトについてコメントすることはできませんが、そのユニットを再利用しなかったら、われわれは馬鹿者でしょう」

「GTモデルに関するわれわれの哲学は、自然吸気に拘ることで、将来も自然吸気エンジンを維持したいと考えています。そのために、感動とパフォーマンスを失うことなく適切なエンジンを開発しようと、多大な努力を続けているです」

この改良型エンジンをどのモデルに採用するのかについて、プロイニンガーは明らかにしようとしなかったが、最も可能性が高いのは次世代のGT3だろう。最近、ニュルブルクリンク北コースで目撃されたプロトタイプが、ターボチャージャーを装備しない高回転型エンジン特有の甲高いサウンドを発していたことは、その重要な論拠となる。

 
最新海外ニュース