ニュース

2019.05.23

ルノー 新型SUVクーペ「アルカナ」量産仕様を初公開 サイズ/内装は?

編集部より

ルノーが、新型SUVクーペ「ルノー・アルカナ」の量産モデルを初めて公開しました。29枚のイメージ画像が届きましたので、ご覧ください。

ロシア市場に 新型SUV

グループ・ルノーは、Cセグメント・クーペSUVの新型車「アルカナ」の量産仕様を公開した。

昨年8月のモスクワ・モーターショーでショーカーを初公開していたが、この夏にロシア市場に導入される量産モデルの姿が初めて明らかになったことになる。

後方へなだらかに下がるルーフ、高いウェストライン、ワイドなバンパーといった特徴は受け継がれ、ショーカーから変更された部分はごくわずかだという。

ロシア市場に導入される外装色は7色。グレードは3種類。タイヤは17インチとなっている。

内装は、8インチのタッチ式インフォテインメント・システムが、アンドロイド・オート、アップル・カープレインに加えて、ロシアで検索エンジンを運営するヤンデックスの「ヤンデックス・オート」にも対応する。

ドライブモードは、エコ、スポーツ、マイセンスの3種。アンビエントカラーは8種類を用意した。

快適装備については、ヒーテッド・ステアリングホイール、前席ヒーテッドシートを装備。荷室容量は508ℓから最大1333ℓに拡大できる。

ルノー・アルカナ量産仕様 主要諸元

全長×全幅(ミラー含まず)×全高:4543×1820×1576mm
ホイールベース(2WD):2721mm
エンジン:TCe 150ガソリン・ユニット
最高出力:150ps
最大トルク:25.5kg-m
最低地上高:208mm
アプローチアングル:18°
ディパーチャーアングル:25°

 
最新海外ニュース