[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ロールス・ロイス「パステル・コレクション」 ドーン/レイス/ゴーストが夏の装いに

2019.08.19

100字サマリー

日本でも高い人気のロールス・ロイスのブラックバッジ。黒以外の外装色も選べるということで、「パステル・コレクション」が登場。写真28枚をご覧ください。

モントレーカーウィークに展示

ロールス・ロイス・モーターカーズは、北米の自動車イベントで、「ペブルビーチ2019パステル・コレクション」を発表した。ドーン、レイス、ゴーストのブラックバッジ・シリーズを題材に、黒以外の外装色が選べることを、新しいビスポークカラーで披露している。

パステルグリーンのゴースト・ブラックバッジは、ライトグリーン・ソリッドという新外装色で仕立てた1台。この色は、モントレー・ペニンシュラの草木の息吹をイメージしたもの。ブラックのハンドクラフトレザーの内装にセレニティ・グリーンをアクセントとして用いている。

「ドーン、レイス、ゴーストに加わるパステル・コレクション」
「ドーン、レイス、ゴーストに加わるパステル・コレクション」

コーラル・ソリッドをまとったドーン・ブラックバッジは、7層におよぶコーティングと9時間を超えるハンドポリッシュを経て生み出される1台。内装は、花が咲きほこる北カリフォルニアの丘陵地帯をイメージしたアーティック・ホワイト、サンセットで仕立てている。

セマフォア・イエローのレイス・ブラックバッジは、最も力強さを感じさせるロールスとして晴れやかな陽射しのように仕立てた1台。セルビーグレーとレモンで内装を設え、ブラックバッジのイメージを一新するモデルとなっている。

3台は、モントレーカーウィークの「クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」に展示され、人々の注目を集めていた。

 
最新海外ニュース