【Mr.モナコと呼ばれた男】 F1グランプリの知られざる写真家 後編

2019.12.14

サマリー

小さな地中海の公国で、レースシーンの撮影に邁進したミハエル・ヒューイット。F1サーカスと一緒に世界を回らなかったため、広く知られることはありませんでしたが、モナコでは多くの交友を持ち、貴重な映像を残してきました。

もくじ

危険なシケインにも唯一立ち入れた
ロレンツォ・バンディーニのクラッシュ
グラハム・ヒルとの交流
魂を込めて撮影してきた

危険なシケインにも唯一立ち入れた

text:Jack Phillips(ジャック・フィリップス)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)/Michael Hewett(ミハエル・ヒューイット)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
モナコを中心にF1グランプリを40年以上撮影してきた、英国人カメラマンのミハエル・ヒューイット。「モナコは、景色だけでも素晴らしい。何日も掛けて裏通りを歩き回って、撮影ポイントを探しました。歩かなかった場所がないほど。写真を取るというより、シーンを探していた感じです」

1週間半ほど歩き回って撮影した写真は、他のカメラマンでは決して収めることができないアングル。背景の隅々まで注意が行き届いていることがわかる。信じられないほどに、特定のクルマがベストポジションに収まっている。

ミハエル・ヒューイットが撮影した写真
ミハエル・ヒューイットが撮影した写真

警備員が目をそらした瞬間に、ガードレールにつま先を引っ掛けてバランスを取り身を乗り出した。リフトゲートをよじ登り、屋根の高さにまで上がった。肘の皮膚が窓枠で削られたこともあった。しかしすべては写真の素晴らしさに表れている。

ヒューイットのモナコでの交友関係のおかげで、他のカメラマンでは立ち入りが難しいところへも入れたが、命が危険にさらされる場所でもあった。1967年、レーサーのロレンツォ・バンディーニはシケインでの大クラッシュで命を落としている。

「モナコのシケインの、港側への立ち入りは誰も許されていませんでした。190km/h以上で突っ込んでくる、恐ろしく危険な場所です。しかし報道部のチーフは友人でした。わたし以外、彼に写真を送ったことのある人はいないでしょうし、口うるさい彼にお礼をいった人もいないと思います」

 
最新海外ニュース

人気記事