【725ps超えか】アストン マーティン 新しいV6ハイブリッドエンジンを自社開発

2020.03.30

サマリー

アストン マーティンは、自社開発している新しいターボチャージャー付き3.0L V6ハイブリッドエンジンの詳細を明らかにしました。新しいヴァルハラに搭載予定で、725ps以上のパワーが期待されています。

もくじ

1968年以来、初の自社製エンジン
極めて高いパフォーマンス

1968年以来、初の自社製エンジン

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

アストン マーティンは、自社設計の新しいハイブリッドV6パワートレインの詳細を、初めて明らかにした。

このエンジンは、2022年からヴァルハラの中型スーパーカーに搭載予定となっており、すでに広範な動力計試験を受けている。

アストン マーティンの新しいV6ハイブリッドエンジン
アストン マーティンの新しいV6ハイブリッドエンジン

1950年代から1960年代のアストンの有名なエンジニアである、タデク・マレックにちなんで、TM01というコードネームが付けられている。

この、ターボチャージャー付き3.0L V6は、同社にとって1968年以来、初の自社製エンジンとなる。

通常のハイブリッドと、プラグインハイブリッドの両方を含む「新しいハイブリッドシステム」に採用される。

現段階の情報では、725psを発生するDBSスーパーレッジェーラの最上級モデル以上のパワーを発揮する、同社の最も強力なエンジンとなると言われている。

極めて高いパフォーマンス

6つのシリンダーヘッド内のターボ取り付け部分の「ホットV」構造と、ドライサンプを特徴としている。

コンパクトなため、フロントマウントとミドマウントの両方のアプリケーションに、適応可能となっている。重量は200kg未満。

アストン マーティンの新しいV6ハイブリッドエンジン
アストン マーティンの新しいV6ハイブリッドエンジン

アストンは、パワーとトルクのレベルは「それぞれのモデルに求められる特性によって決定します」と述べており、ほかのモデルにも、この新しいユニットが採用される可能性を示している。

また「ミドエンジンのスポーツカーの極めて高いパフォーマンス」を提供し、将来のユーロ7 CO2規制に適合するとのことだ。

このエンジンは、2023年型ヴァンキッシュにも搭載される予定となっているが、ハイブリッドDBXへの採用については、まだ明らかにされていない。

アストン マーティンのCEO、アンディ・パーマーは、新しいエンジンについて「パワートレインの自社開発という大きな課題に、チーム一丸となって挑戦しています」

「今後、このパワーユニットは多くのプロジェクトに必要不可欠なものとなります。大きな成果をあげることが出来ると確信しています」と述べている。

 
最新海外ニュース

人気記事