国内ニュース

2019.05.13

改良新型レクサスRC F パフォーマンス・パッケージ追加 内装に新色

編集部より

レクサスRC Fが、マイナーチェンジされました。新たにパフォーマンス・パッケージが追加されたほか、内装に専用色「フレアレッド」が設定されています。

もくじ

専用内装色 フレアレッド
レスポンス改善/街乗りも
パフォーマンス・パッケージ/価格

専用内装色 フレアレッド

レクサスは、スポーツクーペ「RC F」のマイナーチェンジ・モデルを発売した。

今回発売した新型は、軽量化や空力性能のほか、パワートレイン、タイヤ、サスペンションなどに改良を加え、常用域での軽快な走りと限界域における優れた操縦安定性を実現している。

また、“F” の高性能と、進化への挑戦を象徴する「Performance package(パフォーマンス・パッケージ)」を新たに設定。日本のスーパーGTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を応用し、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用でさらなる軽量化を実現したほか、加速性能・空力性能も向上させ、高い次元の運動性能を追求した。

各項目について詳しくみていこう。

エクステリアは「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込んだデザインに。具体的には、フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れてダウンフォースを向上させたほか、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることでリア・タイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、空力性能の向上を目的としながら、“F” としての独自性を狙ったデザインとした。

また、前後のホイールハウスにエア・アウトレットを設けることでホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減。最適なコーナリング姿勢やステアリングの応答性向上に寄与することが期待される。

加えて、エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールを採用。スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現した。

内装では、専用のインテリアカラー「フレアレッド」や専用オーナメントパネル「レッドカーボン」を採用している。

パワートレインにも手が加えられた。

 
最新国内ニュース