ケータハム・セブン270S

公開 : 2015.03.24 23:40  更新 : 2017.05.29 18:33

ケータハムが行ったレンジ改変によって、これまでの ’ロードスポーツ’ は270Sというモデル名に変わった。なにはともあれ、日曜日を楽しませてくれるかどうかが最重要事項である。

■どんなクルマ?

海外ニュースでもお知らせしたとおり、ケータハムは展開するモデルのネーミングを大幅に変更した。これまではスーパースポーツやロードスポーツと呼ばれていたものが、すべて出力重量比の数値に変わったのだ。

したがって欲しいモデルを選べば、あとはスタンダードかS、Rのパッケージを選ぶだけ、というごくシンプルなシステムに相成った。テスト車両のように270Sというネームを見るだけでスペックがわかるのだ。

中間グレードにあたる270Sの搭載するエンジンは、1.6ℓのフォード製のシグマ・エンジン。後期型ユニットを用いているため、カムの動作がこれまでロードスポーツ125よりも賢くなっているという。

£2995(54万円)のSパックを追加することにより、14インチ・アロイ・ホイールとレザー・シート、カーペット、ヒーター、ウインド・スクリーン、フード、サイド・スクリーン、モモ製ステアリング、S専用のダイヤルやギアレバーが付いてくる。

 
最新試乗記