スバル・フル・ラインナップ試乗

公開 : 2015.03.28 23:50  更新 : 2017.05.29 18:41

スバルのフル・ラインナップ試乗会において様々なモデルに触れることができ、同社特有の一本筋が通ったドライブフィールをしっかりと感じることができた。スバル特有のフィーリングとは、腹の底に響くような個性的なボクサー・サウンドと、余分な振動の極めて少ないすっきりとした乗り味という、一見対照的に思える2つの感覚が入り混じったものであると個人的には考えている。

シンメトリカルAWDという象徴的なパワートレーン構造は、我が国においてマツダと双璧を成すエンスージアスティックなブランドであるスバルの代名詞だが、実際にこのレイアウトが走りに与える影響は大きい。今回は特にWRX S4 2.0GTアイサイトとXVハイブリッド2.0i-Lアイサイトに的を絞ってインプレッションしていきたい。

WRXと聞くと古くからのファンはWRCで活躍したインプレッサWRXを思い浮かべるが、現行のWRXはインプレッサとレガシーの中間に位置する独立したモデルである。実質的にはレヴォーグのセダン版であり、プラットフォームや顔つきなど共通点も多い。試乗したWRX S4はフラッグシップたるWRX STiよりはマイルドなモデルだが、それでも2ℓ直噴ターボ・ユニットは308psを発揮するので、一線級のスポーツセダンといえる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×