ボルボV40クロスカントリー T5 AWD

公開 : 2015.04.09 23:50  更新 : 2017.05.29 19:08

■どんなクルマ?

ボルボのボリュームモデルであるV40は、導入以来、日本市場でも非常に大きな成功を収めてきたモデルだ。そのラインナップは、スタンダードなV40のほかに、スポーツモデルのV40 R-デザイン、そして全高とシートポジションでは30mm、最低地上高では10mmをV40比でプラスすることで、スタイリッシュなオール・ローダーとしたV40クロスカントリーという構成だが、今回新たにクロスカントリーに、200台の限定車として “T5 AWD” が登場することになった。

T5 AWDの最大のトピックスは、搭載エンジンを、これまでの2ℓ直列5気筒ターボから、高効率と高性能の両立をセールスポイントとする、最新の2ℓ直列4気筒直噴ターボへと変更していること。ボルボ自身はDrive-E=ドライブ・イーと呼称する、このT5型エンジンの実力は、すでに日本でもカスタマーから高く評価されているところだが、この限定車ではAWD、すなわち4WDの駆動方式との組み合わせが実現したことになる。

245psの最高出力と、35.7kg-mの最大トルクは、これまでの直列5気筒ターボエンジンと比較して、同排気量ながら32ps/5.1kg-mのアドバンテージを持つもの。同時に燃費性能も、JC08モードで12.4km/ℓから14.8km/ℓへと、約17%の改善を達成している。これはエンジンそのものの高効率化とともに、組み合わせられるミッションを、日本のアイシンAWからサプライされる最新世代の8速ATとしたことも大きく貢献した結果だ。

装備レベルも、この限定車ではさらに充実している。インテリアには、チャコールとブロンドという、上品なカラー・コーディネイトを見せる本革シートとし、それに専用のステッチなどを採用。モダンウッドパネルとの組み合わせで、キャビンはさらに魅力的なフィニッシュとなった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事