ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ HSEラグジュアリー

公開 : 2015.04.16 23:55  更新 : 2017.05.29 19:17

■どんなクルマ?

言わずもがな、ランドローバーは4駆専門メーカーである。といって、昨今は前輪駆動も実はあるのだが、我が国においては4駆専業。だからSUV4駆のラインナップを拡充し続けてきたわけだが、ここにきてもう1台、ディスカバリー・スポーツが加わった。「また?」と思った方もいるだろうし「今度の良さそうじゃない?」と直感した人もいると思う。筆者的には「ど真ん中直球が来た!」という感じである。

ディスカバリー・スポーツは、手短に言い表すとイヴォークのパワートレーンやフロアパンをベースにして、フルサイズのSUVに仕立ててある。だから2ℓ直列4気筒ターボと9速ATの組み合わせなど、最新にして熟成されたシステムが踏襲され、オプションをチョイスすることで7人乗りにもなる広々とした室内空間が提供されている。そして何より、イヴォーグほど都会的ではないにせよ、昨今のランドローバーらしく全周に渡ってスタイリッシュなボディを与えられている。

ランドローバーの現在のラインナップにはフリーランダー2のファイナル・エディションが残されているが、実質的にこのディスカバリー・スポーツがフリーランダー2の後継となる。

■どんな感じ?

写真で見ても張りのあるボディが特徴的なディスカバリー・スポーツだが、実車を見てもかなりボリューム感がある。だが寸法的には、アウディQ5とほぼ同じで、BMW X3よりもひと回り大きい程度。ランドローバー一族との比較では、兄貴分のディスカバリーより24cm短く、レンジローバーと比べると40cm近くもコンパクト。でもイヴォークよりはちゃんと25cmほど長いボディを与えられている。今までなかったかゆい所に手が届く1台、といったところだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×