フォルクスワーゲン・カリフォルニア・キャンパーを一新

公開 : 2015.06.19 22:35  更新 : 2017.06.01 02:09

フォルクスワーゲンは、一新されたカリフォルニア・キャンパー・バンを公開した。ベースとなるのはトランスポーターで、より効率的なエンジン・ラインナップ、改善された装備、新しいインフォテインメント・プラットフォーム、そしてオプションのアダプティブ・サスペンションが初めて採用された。

現在、市場に出ているキャンパーの中では唯一メーカーのファクトリーから出荷されるモデルであり、1988年にデビューしてから既に100,000台以上が生産されている。

今回の新しいカリフォルニアには2つのトリムがある。

カルフォルニア・ビーチは、ベットにコンバージョンできる基本的な家具のセットと、ポップ・アップのルーフを持つもの。もうひとつのカリフォルニアSEは、カリフォルニア・ビーチよりも高いスペックを持つもので、フル・キッチンや42ℓの冷蔵庫を備え、ポップ・アップ・ルーフも電動となる。

エンジンは、100ps、150ps、180psの3つのチューニングのある2.0 TDIディーゼルと、203psの2.0 TSIガソリンが設定される。また、4WDやDSGもオプションとして用意されている。

 

人気記事