メルセデス-AMG C63

公開 : 2015.07.07 23:50  更新 : 2017.05.23 16:36

■プロローグ

“単に数字だけでは表現できなかったのが先代の魅力だった。研ぎ澄まされたスロットル・レスポンスや4本出しのマフラーからの雄叫びが忘れられない” ― マット・ソーンダース (ロードテスト編集補佐)

先代のC63 AMGは、いちからAMGの手が施されたモデルだった。(2度と繰り返されることはなかったが)鼻先に6.2ℓのV8エンジンをおさめたということだけでも、賞賛に値するのではないだろうか。

現行モデルは排気量を小さくした代わりにターボチャージャーが組み込まれた。先代の自然吸気の評判が良かっただけに、あまり前向きに受け入れられない向きも多いだろう。

ただ、よく考えて欲しい。

BMWを例にだすと、M3/M4はターボ・エンジンを採用しただけでなく、気筒数や排気量まで小さくしてしまった。このご時世、V型8気筒エンジンを残しているだけでも、素晴らしいことではないだろうか。

新型の搭載するユニットは、簡単に言ってしまえばメルセデス AMG GTのものと同じ。21世紀のテクノロジーを余すことなく取り込んだエンジンとも言えるだろう。

先代に比べると、エンジン単体が軽量になっただけでなく、パワー/トルクは増強済み。言うまでもなく効率も良くなっている。それにターボチャージャーを組み合わせたからといって、レスポンスが鈍くなっているとは感じない。4本出しのマフラーから聞こえる雷鳴のような音も、先代のそれと変わらない。

よってテスト開始直後の印象は良好だ。

現時点のモデル展開は、スタンダードな476psを発揮するタイプと、‘S’ バッジをつけた510psの2種だ。BMW M3やアウディRS4と比べるとパワフルであるとともに、価格も少し高い。

価格分が正当性をもつのかを、これから5ページにわたって検証していくことにしよう。

 
最新試乗記

人気記事