フォルクスワーゲン・ゴルフRエステート

公開 : 2015.10.06 23:40  更新 : 2017.05.29 18:57

限界点の高さも変わらず。XDS+システムのおかげでたっぷりとしたグリップ力を実現している。内輪を制動できるうえ、アンダーステアを手懐けるスグレモノだ。

Rには可変ステアリング・ラックも組み合わさる。しばしば好ましくないものもあるが、ゴルフRのそれはとても優秀。

ターンイン時は好ましい緊張感があるが、直進時にはまったくナーバスに感じない。インディビジュアル・モードを選べば、好みの重さを選択できる。

£830(15万円)の可変ダンパーをテスト車は装着しているため、好みに合わせて乗り心地も調整可能。コンフォート・モードでは少しばかりふわりとしているが、日常域ではこのモードが1番好ましい。

レース・モードにすれば、はるかにタイトなボディ・コントロールが可能となる。コンフォートからは考えられないほどの切り替わりようだが、スピンに至る手前で冷静な対処をできるだけの従順さは維持される。

キャビンはいつもの使い勝手のよさ。Rゆえ、グロス・ブラックのパネルや豪華なダイアル、ブルーのニードル、ブルーの間接照明(ドア・パネル)、シル・プレートが識別点となる。

また、一部がアルカンターラで覆われたRスポーツ・シートは驚くほど座り心地がいい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事