BMW 7シリーズをフルモデル・チェンジ

2015.10.07

BMWは、フラッグシップ・モデルのBMW 7シリーズを10月29日より発売すると発表した。

フルモデル・チェンジを受けた新型は、ジェスチャーで操作するインターフェース、ドライバーが車外から操作する自動パーキング、量産モデルとしては初搭載のレーザー・ヘッドランプなど先進機能を装備した。

ラインナップは、740iおよび740Li、750iおよび750Liで、Liは140mmホイールベースが長いモデルだ。この4車種にそれぞれ、スタンダードとMスポーツが用意される。

740i/Liのパワートレインは、3.0ℓ直6ツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンで326ps、45.9kg-mを発生。一方の750i/Liは、4.4ℓV8ツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンで、450ps、66.3kg-mを発生する。

組み合わされるトランスミッションは、740/750ともに8速オートマティックで、ジャパン・ローンチの時点ではいずれも後輪駆動モデルだ。

カーボンコアの採用により、車重は先代比で130kgの軽量化を実現。また、全モデルにエア・スプリングを採用し乗り心地を向上している。

また、2016年には2.0ℓ直4ターボに高出力モーターを組み合わせた、プラグイン・ハイブリッド・モデルが登場する。これは、モーターのみで最長約40kmの走行が可能とされている。

価格は、740が12,170,000円から14,320,000円。750が14,850,000円から17,010,000円。


▶ 徹底解説 / BMW 7シリーズ
▶ 海外発試乗 / BMW 730d

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×