フェラーリF12 TdF

公開 : 2015.11.10 23:55  更新 : 2017.05.29 18:52

また、ダイエットにも抜かりはない。TdFがF12よりも110kg軽くなったのは、レザーやアルミを使用していた内装をアルカンターラとカーボンに置き換えたから。車体外部に用いられるアルミニウム素材もカーボンファイバーに差し替えられた。

開発当初は315セクションの後輪をフロントにインサートする予定だったのだそうだが、さらにマッシブなスリック・タイヤを採用。これがアジリティの向上にもつながっているという。

さらに後輪ステア・システムが助力する。フェラーリは ‘バーチャル・ショート・ホイールベース’ と呼び、前輪のセクションは255→285へと変更された。

トー・リンクに組み合わされるエレクトロメカニカル・アクチュエーターを含む後輪ステア・システムはZFの提供によるもの。重さは5kg増している。このシステムをフェラーリはかなり気に入っており、将来的にもさまざまなモデルに起用していきたいとのことだ。

エアロダイナミクスも改善しているため、結果的に全長がやや長くなっている、また、可変トー・チェンジを使用するため後輪もワイドになる。

ギア・レシオは5〜6%ショートになる、0-100km/hタイムは2.9秒をマーク。スプリング・レートも20%高められている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×