ポルシェ911カレラ

公開 : 2015.12.07 23:50  更新 : 2017.05.29 19:04

3.0ℓのフラット6はカレラSと同じだが、小さなターボ・ユニットのおかげで0-100km/h加速は先代よりも0.2秒は速くなった。

20psパワフルになっただけでなく6.1kg-mトルキーにもなっている。4000rpm下で最大トルクが湧きあがるのも特筆だ。

それでいて7500rpmまで回る。3.4ℓの自然吸気のレッド・ゾーンが7800rpm〜だったことを考えれば、いかに素晴らしいかがわかるはずだ。

総重量は45kg軽くなっている。燃料消費率も10%向上している。

■どんな感じ?

ターボを充てがったことによって生じた問題は皆無。いかにもメカニカルなエンジン音は健在だし、タコ・メーターを振り切るのではないかというくらい軽快に回るのもこれまでと同じ。本当にターボなのかと疑ってしまうほどだ。

外からでも、あるいはキャビンの中からでも、フラット6の調律された音に聴き惚れてしまう。これまでほど怒りっぽい音ではないが、それでも ”この音をドライバーに聴かせようという” エンジニアの意図は見て取れる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事