ロータス・エキシージ・スポーツ350

公開 : 2015.12.14 23:50  更新 : 2017.05.29 19:24

英国でテストした、軽く、スパルタンなエキシージ・スポーツ350は、すでに速いロータスを、より ‘ロータスティック’ にしていると思わせてくれた。

■どんなクルマ?

かつてのスタンダードなエキシージとエリーゼの境界を、どこかぼんやりとさせていたのは、両者ともに基本のレイアウトが同じであり、4気筒のエンジンをシェアしていたことが原因だと思う。

ちなみにエキシージといえば、ファブリック地のルーフの代わりに固定式の屋根を採用し、サーキット走行にも耐えうるチューニングを施した、エンスージァストにとって理想的なモデルといった立ち位置。

現行は、エヴォーラSが使用するスーパーチャージドV6エンジンを使用することによって、これまでのモデルよりも遥かにポテンシャルが高まっている。

ロードスターATのモデルレース走行に特化した ‘カップ’ がロータス・モータースポーツによって続々と投入されたのは記憶にあたらしいが、このスポーツ350は、なかでももっともハードコアなモデルといった位置づけだ。

なによりまず、減量を優先させたことが、いかにもロータスらしい。

ほとんど使いものにならないサンバイザーは取り外され、さらにリア・デッキもガラス部分の見なおしによって3kg減。あわせて100以上のパーツが省略/改良されており、オプションで鍛造ホイールや軽量ブレーキ・ディスクを選べる。

ー血のにじむような努力はいくぶん水泡に帰すもののー もし日常的な装備を望むならば、オーディオやカーペット、エアコン(あわせて7.5kg増)をオプションで追加することも可能。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事