インフィニティに新型3.0ℓV6ツインターボ

2015.12.17

日産は、コンパクトで軽量な3.0ℓV6ツインターボ・ユニットを開発。2016年のインフィティのモデルに搭載すると発表した。

この3.0ℓV6は300psと400psの2つのチューニングがある。300ps版は300ps/6400rpm、40.8kg-m/1600-5200rpmを発生。一方の400ps版は、400ps/6400rpm、48.4kg-m/1600-5200rpmというスペックを持つ。燃費は従来よりも6.7%ほど向上しているという。

エンジンのコア構造の重量は194.8kgとこれも従来に比べて14.1kgほど軽量化されている。全体でも220.6kgだ。この軽量化に最も貢献したのは、エンジン・ブロックへのミラー・ボア・コーティングの採用とシリンダー・ヘッド一体型エキゾースト・マニフォールドで、これはエンジンの軽量化だけではなく、熱がアルミ合金ボア・ウォールを通じてより効果的に分散されるため冷却性能も向上しているという。

また、このエンジンには、燃料をより正確に燃焼室に噴きつける新型直噴ガソリン(DIG)燃料システムが採用されている。このシステムにより、新型エンジンはインフィニティに搭載するV6エンジンの中で、最もクリーンで効率的なエンジンとなる。また、最新型のバルブ・タイミング・コントロールは、燃焼室における空気量をより正確に調整するとともに、新しい低摩擦のミラー・ボア・コーティング技術は、従来のV6エンジンと比較し機械的な摩擦を40%軽減して、より滑らかなピストンの動きを実現した。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事