ランドローバー・ディスカバリー・ランドマーク

公開 : 2016.01.20 23:40  更新 : 2017.05.29 19:17

■どんな感じ?

特に寒い日にプッシュ・スターターを押すとキャビンには微細な振動が伝わってくる。しばらく時間が経つと各種コントローラーを通じて継続的な震えが生じる。

しかし発進すると、振動は一気にシルクのようなスムーズさに転じる。風切り音やロード・ノイズも最小限。不満とはほど遠い。

8速オートマティックはツルツルと変速し、エンジンをできる限り低い回転に留めようとする。2600kgもの車体を穏やかに引っぱるのはさすがである。

ただし20インチのホイールとわずかしかないサイドウォールのおかげで、シャープな突起物を踏むとさすがにドスンと衝撃が伝わってくる。

大径ホイールだからといってコーナリング性能が高まっているわけではない。それに操舵感も鋭敏とはいえないし、特に正確だとも思えない。

ただし不安に感じさせないのはディスカバリーのいいところ。一度体が馴染めば、驚くような速度でコーナーに飛びこんでも車体はきちんとついてくる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事