メルセデス・ベンツGLCを発売

2016.02.09

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツGLCを発売した。

先代のGLKというネーミングから、Cクラスと同等の安全/快適装備を備えることにちなみ、車種名を、メルセデスのSUVモデルを表す「GL」 + 車格を表す「C」の組み合わせに改めた。

新型のボディサイズは、全長4660mm、全幅1890mm、全高1645mmとCクラス同様で、最小回転半径は5.7m。

GLK時代とは異なり、全車ステアリング位置は右ハンドルとなる。

エクステリア・デザインはクーペのようなルーフラインと長いホイールベースというシルエットで、Cd値は0.31というセグメント最高水準の空力特性を実現した。

インテリアは、前後席ともに室内空間が広くなり、後席レッグルームが57mm、足元スペースが34mm拡大した。また、インテリアデザインには、Cクラス同様機能的なものになっており、8.4インチ・ディスプレイを備えた「COMANDシステム」も、COMANDコントローラーに加えタッチパッドを採用する。

パワートレインは、最高出力211ps、最大トルク35.7kg-mを発揮する2.0ℓ直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンと9G-トロニックという組み合わせ。

また、全天候型フルタイム四輪駆動システム「4MATIC」を搭載し、エンジントルクを前輪33%、後輪67%の比率で配分し、トラクションを発揮する。

安全面では、Cクラスの技術が搭載され、全モデルに標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システムを搭載し、クルマの周囲ほぼ360°をカバーする複合的なセンサーシステムを備える、

価格は、6,280,000円から7,450,000円。

▶ 徹底解説 / メルセデス・ベンツGLC

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×