ホンダ・クラリティ・フューエルセル

公開 : 2016.05.09 23:50  更新 : 2017.05.29 19:09

■どんなクルマ?

かねてからゼロ・エミッション・ヴィークルの本命といわれていた燃料電池車。去年登場のトヨタ・ミライに続く世界で2番目のセダン・タイプ・モデルとして、ホンダクラリティ、正式車名クラリティ・フューエルセルが3月10日に発売された。

発売といっても、一般的な意味の市販とはちょっとニュアンスが違って、まずは自治体や企業を中心対象としたリースという形式を採っての発売だが、いずれにせよクラリティが市販モデルとして世に出たのは間違いない。

ホンダによれば、クラリティの最大のポイントは燃料電池パワートレインの小型化を達成し、それらを世界で初めてボンネット内に収めることを可能にしたことにあるという。その結果、通常のエンジン車と同様のパッケージングが可能になり、セダン・タイプの燃料電池車として世界で初めて5人乗りの室内を実現している。

昔からのマニアにはシトロエンCXあたりを思い起こさせる、ファストバックのルーフ・ラインを持つボディは全長4915×全幅1875×全高1480㎜、ホイールベース2750㎜というサイズで、Eセグメントのドイツ車、例えばアウディA6あたりと同等の大きさである。

メインのリチウムイオン電池で駆動される電気モーターは、177psのパワーと30.6kg-mのトルクを発生、燃料電池スタックは140psの出力を持つ。70MPaの高圧水素を収める燃料タンクはリア・アクスル真上に置かれて、容量は141ℓ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×