トヨタ・オーリス・ハイブリッド Gパッケージ

公開 : 2016.05.06 23:50  更新 : 2021.01.28 17:39

  • オーリス・ハイブリッドは、英国ではCセグの定番モデル。欧州仕込みのモデルがとうとう日本に。

英国では、ゴルフと並ぶ存在のオーリス。かの地でオーリスと言えば、なんとハイブリッドである。

■どんなクルマ?

カローラのハッチバックバリエーションを祖に欧州市場戦略の基幹車種のひとつとして開発されたモデルがオーリスである。先代は高減衰設定で高速操安を重視したフットワークなど走行特性や実用性でVWゴルフをコンペティターとして意識したモデルであった。

オーリスとして2代目となる現行車は欧州市場のトレンドとなっているプレミアム&スペシャリティ志向を取り込んでいるのが特徴。先代比で全長を30mm延ばし、全高を55mm低下。ショートワゴン的プロポーションでスポーティなイメージを強化すると共に、オーソドックスなインパネデザイン等でダウンサイザーにも対応している。

そこに新たな魅力として加わったのがハイブリッド車である。すでにカローラ系にはハイブリッド車をラインナップしているので、オーリスへの展開も当然と思えるだろうが、カローラとは採用したシステムが異なる。

カローラはアクアをベースとした1.5ℓ型だが、オーリスはプリウスと同じく1.8ℓ型を採用する。ただし、プリウスといっても現行車ではなく先代(30型)のパワートレインがベース。ちなみにJC08モード燃費を同重量区分のモデルで現行プリウスと比較すると6.2km/ℓ減の30.4km/ℓだが、この値は先代プリウスと共通である。

ハードウェアの展開では3代目にFMCした時に2代目を継続生産したプリウスEXを思わせるが、先に登場しているダウンサイジングターボ車と併せてトヨタ新世代パワートレイン戦略を象徴する一車となった。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

トヨタの人気画像

×