アウディA5 3.0 TDIクワトロ

公開 : 2016.06.16 05:50  更新 : 2017.05.29 18:14

アウディはラインナップのなかでもっとも古かったA5をようやく世代交代した。まずはV6ディーゼルを搭載したモデルを試すことにする。

■どんなクルマ?

オール・ニューではあるが、先代と大きく変わらない最新のA5クーペ。BMW 4シリーズやメルセデス・ベンツCクラス・クーペのライバルにあたる、‘ベテラン’ エレガント・クーペである。

先代A5のケースと同じく、こちらのクルマも要するに ‘A4の変装版’ なのだが、特に悪いことだとは思わない。というのも最新モデルは、軽量のMLBエボ・プラットフォームを下敷きにするからだ。

おかげで重量は、デビューから9年経った先代に比べると、約60kg軽くなっている。ただしベースがセダンであることから、クーペ・ボディから連想するような、アグレッシブネスは期待すべきではない。

けれど、アウディはやるべきことはきちんとやっている。たとえばどのグレードのサスペンションも、より硬いたスプリングが奢られているのだ。3種のうち2種がパッシブ・サスでもう1種が可変式ダンパーを組みあわせるようだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事