ランボルギーニ・ウラカンLP580-2

公開 : 2016.07.25 05:40  更新 : 2017.05.29 19:21

もっとビターなライバルに比べると、ダイナミクスでは劣るが、底抜けに楽しいことに変わりない。

■どんなクルマ?

サンターガタ発のスーパーカー・メーカーが擁するラインナップのなかで、もっとも手に入れやすい価格を掲げるのがランボルギーニ・ウラカン。なかでももっとも安価なモデルが、この、LP580-2である。

ほかの国ではどうだかわからないが、英国では、より安価で、よりパワレスなスーパーカーの支持率は高い。コンサバティブなサングラスにスニーカー、香りの控えめなオー・デ・コロンを身につける層に受けるのだ。

LP580-2は、簡単にいうなれば、LP610-4のフロントのドライブラインを断ち切ったもの。つまり後輪駆動車であり、LP610-4に比べると、よりピュアなスポーツ・マシンという立ち位置なのである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事