メルセデス・ベンツE220dエステートAMG-ライン

公開 : 2016.09.14 05:30  更新 : 2017.05.13 12:49

最新のメルセデス・ベンツEクラスのエステートは上品で実用性が高く、効率もよい。

■どんなクルマ?

メルセデス・ブランドの中枢ともいえるモデルがこのEクラス。コンサバティブかつ先進技術を持ちあわせ、味わい深くマナーもよいというのが特徴で、われわれにとっては ‘いつもそばにある’ という存在である。

ボクシーなリア周りとテールゲート、内部にはフラットで前後に長いフロアをもつのは、最新のEクラスも同じ。このモデルからは、よりクーペらしいシルエットとなったが、シートを立てた状態の荷室は先代よりも40ℓ多い640ℓに。後席の背もたれを直角に近い状態にすると670ℓまで大きくなるとのことである。荷室にあるボタンを押すとシートは電動で倒れる仕組みだ。

セルフ・レベリング機能のついたリア・サスペンションは標準であり、これに合わせて牽引用のフック(オプションの扱い)も電動で高さが変わる。

英国内のEクラス・エステートのエンジンは、セダンと共通であり、220dには新設計の4気筒2ℓディーゼル・エンジンが組みあわされる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事