プジョー、2008をフェイスリフトし発売

2016.09.15

プジョーシトロエン・ジャポンは、小型SUVの2008にフェイスリフトを施して発売した。

エクステリアは、垂直に立ち上がる大型フロント・グリル、前後のアンダーガートとブラックバンパー、個性的なデザインのルーフが特徴。インテリアは、近年のプジョーならではの小径ステアリングに、レッド・アクセントをあしらったテップレザー&ファブリックシートなどを装備した。

また新しいラインナップとして、装備を充実させたアリュール、そしてスポーティグレードのGTラインを投入する。

パワートレインは、2015年、2016年とインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを連続受賞した、最高出力110psのピュアテック1.2ℓ3気筒ターボ・エンジンに第3世代の6速オートマティックを組みあわせ、力強さと軽快さを両立。

さらに、GTラインはグリップコントロール(ノーマル、スノー、マッド、サンド、OFFモードを備える)とその性能を最大限に引き出す4シーズンタイヤを装着し、街中での快適性、高速走行時の加速、悪路や雪道での走破性など、様々な条件下での走行性能を向上させている。

価格はアリュールが2,620,000円、GTラインが2,850,000円。


▶海外初試乗 / プジョー2008 1.6ブルーHDi
▶海外初試乗 / プジョー2008 1.2ピュアテック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×