メルセデス-AMG GT R、ニュル・タイムは打倒911ターボS

公開 : 2016.09.15 04:30  更新 : 2017.06.01 00:41

トーマス・イエーガーがドライブしたメルセデス-AMG GT Rは、ノルドシュライフェにおいて7分46秒を記録した。この数字はパッセンジャーを乗せた状態のものだから、フル・スピード走行になれば、さらに20〜25秒速くなるとインサイダーは語ってくれた。

つまり7分20秒程度のちかいタイムがでるというわけ。言い替えればポルシェ911GT3 RSやポルシェ911ターボSが刻んだ7分18秒に限りなくちかづくことになる。

もちろんこのタイムを記録すれば、メルセデスのラインナップのなかで ‘最速モデル’ となる。開発を率いるフランク・エムハードは「0-100km/hタイム(=3.6秒)もパフォーマンスをあらわす指針となりますが、やはりタフなサーキットであるノルドシュライフェをどれくらい速く走れるかは、たいせつですよね」と語る。

「もっとも、簡単なことではありません。エアロダイナミクスやシャシーの改善だけでなく、アクティブ・エアロや後輪ステア・システムの追加。さらには軽量化を進める必要もありますよ」とも。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事