ホンダ・シビック・タイプRコンセプトがサプライズ・デビュー

公開 : 2016.09.29 19:45  更新 : 2017.06.01 00:35

次期ホンダ・シビック・タイプRがパリ・モーターショーにてサプライズ・デビューを果たした。

コンセプトは2017年に発売予定のシビックをベースとしており、AUTOCARは2019年の終わりに正式にデビューするのではと考えている。

現行モデルが搭載する310psの2.0ℓガソリン・エンジンをさらにパワー・アップしたものが組みあわされるのではないだろうか。

リア・バンパーにはディフューザーを備え、3本出しセンターマフラーが確認できる。20インチ・アルミ・ホイールもデザインが変わっている。

現行モデルがデビューしたのは去年。フォード・フォーカスRSやアウディRS3スポーツバック、フォルクスワーゲン・ゴルフR、メルセデス-AMG A45のライバルとして注目された。

台数と生産期間が少ないため、コレクターズ・アイテムになる可能性が高い。



▶ 2016 パリ・モーターショー
▶ 海外初試乗 / ホンダ・シビック・タイプR

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事