アウディA5スポーツバック3.0 TDI

公開 : 2016.11.01 05:40  更新 : 2017.05.29 18:13

変速マナーはとても賢く、ステアリング・ホイールにマウントされたパドルはほとんど使う気にならない。とくに「スポーツ」モードにセットすれば、素早く適切なタイミングでシフトしてくれると感じる。

クワトロ4WDシステムはリア・バイアスのパワー配分で、オプションのスポーツ・ディファレンシャルを組みあわせれば、継続的に左右の車輪に適切にパワーを振りわけてくれる。これがとてつもないトラクションをもたらすのである。

グリップ力も高く、それゆえ高速でコーナーに飛び込んだとしても怖さはあまりない。こういったクルマの場合、コーナーがタイトになると顎をだす傾向にあるが、A5スポーツバックの場合は常にナチュラルで頼りになる。ドライでもウエットでもこの傾向は変わらないのだから恐れ入るレベルだ。

ただ、A4サルーンとともに速度感応型のエレクトロ-メカニカル・ステアリングのコミュニケーション能力は高くなく、ダイレクトで重みも適切なのはたしかだが、手元に伝わる感触がどこか冷ややかで、フィードバックも希薄なのである。

楽しい、あるいはドライバーを元気づけるということはむずかしく、この点においてはBMW 435d xDrive グラン・クーペのほうが優れている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記